ED治療を名古屋の泌尿器科で受けてきました

ED治療は泌尿器科でも受けられる

ED治療 名古屋増森クリニック

ED治療は泌尿器科でも受けられる持続効果が長いシアリス薬物治療で十分な効果が期待できる

EDの治療といえば専門クリニックに行かないと受けられないと思っていたのですが、泌尿器科でも対応しているようですね。
EDは特別な疾患だと思われていますが、生活習慣病と性質が似ているそうです。
血流障害によって陰茎海綿体への血流量が減少し、それにより勃起不全を引き起こすとのことでした。
私が利用した名古屋の泌尿器科では、ED治療薬を使用した治療が行われました。
おなじみのバイアグラやシアリス、レビトラなどの治療薬が処方されるのです。
有名な薬といえばバイアグラですが、現在はシアリスのシェアが一番多いそうですね。
持続時間が非常に長いそうで、他の薬よりもよく処方されていると医師は話していました。
価格は最も高額だそうですが、持続時間を考慮すると費用対効果は最高ですね。
処方されたED治療薬はシアリスで、ゆったりした勃起力を期待できると聞きました。
当時は非常にマイルドに作用する印象を持っていたのですが、服用してみると効力は必要十分でした。
みるみるうちにペニスは硬くなりましたし、持続時間は30時間を超えていたのです。
シアリスの20mgは最長36時間も持続するそうですが、これは本当だと実感しました。
十分なパワーを有していますが、不自然な感覚はまったくありません。
あくまでも自然に硬くなっていくので、若いころに戻ったような感覚でしたね。
陰茎海綿体はスポンジのような器官らしく、ここに血液が集中的に流れ込むことによってペニスが硬くなると言います。
若いころはペニスに骨があるから勃起すると考えていましたが、今考えればありえないことですね。
そもそも本当に骨が入っているなら、非勃起時も硬くなっているはずです。